小児科について

小さいお子様は、大人に比べると免疫力が低いため、発熱をしたり、アレルギー疾患などの病気を発症する場合があります。
普段から信頼できる小児科を見つけておくと、お子様が急病になった時も、迅速な応対なので安心できます。
大田原赤十字病院は、地域に密着した医療を心掛けており、少子、高齢化に伴って、小児科の専門的な知識を持っている経験豊富な医師が在籍をしているので、多くのお子様が診察を受けています。
気温が低下して、空気が乾燥するとインフルエンザや風邪などのウィルスが原因の病気に罹りやすくなります。
咳やのどの腫れ、鼻水、鼻詰まり、発熱、関節痛などが見られる時は、なるべく早めに大田原赤十字病院に足を運んで、診察を受けさせてあげる必要があります。
丁寧な問診や、体温の測定、診察などを行ってから、内服薬を処方してもらったり、必要な場合は注射や点滴をしてもらえるので、辛い症状を緩和する働きがあります。
風邪を放置しておくと、気管支炎や肺炎などの病気に進行する可能性があるので、なるべく早く治療を受ける必要があります。
現代は花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患に罹るお子様が増えています。
子供部屋や寝室はこまめに掃除をしたり、ペットとは別の部屋にすることが大事ですが、体の免疫力が低下すると症状が悪化することが多いです。
大田原赤十字病院では、皮膚に赤みや痒みなどがある場合は、外用薬を処方してくれますし、喘息の症状が出ている時は抗ウィルス薬などの内服薬を処方してくれるので、しばらくの間は根気よく続ける必要があります。
喘息は風邪と間違いやすいですが、昼間は症状が軽く、夜就寝してから、咳が出るのが特徴なので、診断が付けやすくなっています。
幼稚園や保育園などに通学をしているお子様は、ノロウィルスなどの細菌性の胃腸炎に罹るリスクが高まります。
嘔吐した食べ物や便は、感染を防ぐために手袋をして片付けるようにして、早めに大田原赤十字病院で診察を受けましょう。