産婦人科について

大田原赤十字病院(現、那須赤十字病院)は栃木県北最大の基幹病院です。地域に根ざし、ともに歩み、心ふれあう病院に、をモットーとしており、地域のニーズに応えることができる病院を目指しています。大田原赤十字病院は3次救急も行っており、各診療科があります。その中の1つである産婦人科について紹介します。

大田原赤十字病院の産婦人科は、近隣の個人医からの紹介も多く、地域の中核病院としての役割を担っています。そのため、夜間・休日も緊急事態に備えて常に十分な人員を確保し診療にあたっています。

1 産科
産科では、年間400~500例の分娩を取り扱っており、希望があれば立会いも可能です。分娩時には、できる限り外来で担当した医師が分娩も担当するように心がけています。リスクの少ない妊婦で希望があれば、助産師外来の受診やバースセンターでの分娩も行っています。出産前後の保健指導や母乳外来も行っており、またトリプルマーカーや羊水検査による出生前診断も可能です。さらに、小児科との連携を密にし周産期センターとして機能しています。

2 婦人科
最新の治療法を含め、医師と相談して幅広い治療法の中から治療を選択することができます。例えば子宮筋腫や子宮内膜症に対しては、薬物療法・開腹手術・膣式手術・腹腔鏡や子宮鏡を使用した負担の少ない手術・マイクロ波子宮内膜アブレーションによる切らない治療法などがあります。悪性腫瘍の治療にも力を入れており、進行状況に合わせた薬物療法や放射線治療、通院での化学療法を行っています。緩和医療も行っており、在宅医療の体制も整えています。思春期や更年期のトラブルにも対応しています。

3 リプロダクション外来
リプロダクション(生殖)外来とは、旧不妊外来のことです。不妊に対しては、まず原因の検索を行い治療法を決定します。原因が分からない場合、より自然に近い治療法から始め、段階的に高度な治療法に移るようにします。専門医による相談・タイミング法・排卵誘発・人工受精・腹腔鏡による癒着剥離術・体外受精胚移植・顕微受精・凍結胚を用いた胚移植など、日本で行えるほぼ全ての治療が可能です。日本不妊カウンセリング学会認定のカウンセラーによる相談も行っています。
このように、大田原赤十字病院の産婦人科では女性のあらゆる悩みに対応し、より高度な医療を提供できるよう体制を整えています。