内科について

大田原赤十字病院は昭和24年7月に開院し、栃木県の県北最大の公的医療機関として一般治療から高度治療、救急医療など幅広く行ってきた病院です。平成10年には大田原赤十字病院訪問看護ステーションが開設され、在宅医療にも力を入れるようになりました。平成24年7月に移転新築した際に名称を那須赤十字病院と改めました。「マイタウン・マイホスピタル~地域に根ざし、ともに歩み、心ふれあう病院に~」という基本理念のもと、日々診療を行っています。
基幹病院ですので、ほぼすべての診療科が設けられていますが、内科領域では午前の外来として、初診・総合・呼吸器・禁煙・循環器・消化器・血液・神経・内分泌・リウマチ・腎臓外来が開かれています。午後は専門外来として、呼吸器・リウマチ科、血液、腎臓、循環器ペースメーカー外来が設けられています、こちらは基本予約制となります。内科の中でも特に力を入れているのが呼吸器内科です。気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患、肺線維症、肺がん、睡眠時無呼吸症候群などの診断・治療を行っており、超音波気管支鏡の導入によって気管支鏡検査の正診率向上を図っています。また在宅ケアスタッフとの連携のもと、在宅酸素・在宅人工呼吸器療法・非侵襲的葉厚換気療法(NPPV)を用いた呼吸不全治療なども積極的に行っています。呼吸器系の疾患に大きく関わっている喫煙に関しては、禁煙外来を開設して、保険診療による禁煙治療を進めています。
大田原赤十字病院(現・那須赤十字病院)は200床以上の病院にあたりますので、初診の場合はかかりつけ医からの紹介状をもって受診するほうがよいです。そのほうが治療や検査がスムーズに進みますし、外来予約もかかりつけ医からとってもらうことができます。紹介状なしでも受診は可能ですが、その場合は医療費にプラスして特定医療費3240円がかかります。
大田原赤十字病院時代からの理念を引き継ぎ、さらに新しい建物と最新の設備を備え、患者さんにとって最良の治療を提供できるようにと日々活動されている那須赤十字病院。今後のさらなる活躍が期待されます。