脳神経外科について

現在は、那須赤十字病院と名称が変わったのが大田原赤十字病院です。

大田原赤十字病院は、脳神経外科を有しているのですが、脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍、小児脳神経外科を主として治療をおこなっています。

こちらの病院では、患者さんとインフォームド・コンセントを基本として、幅広い分野での脳神経外科全般の診療に当たっています。
また、救命救急センターを併設しているので、緊急な状態になった場合でも、24時間いつでも対応が出来る手術や集中治療が受けられます。

もちろん、必要に応じて他の診療科と連携をこまめにとりながら、合併症などのある患者さんにも適切な治療を提供してくれます。

大田原赤十字病院の脳神経外科では、脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血には、早期の手術を基本的に行います。
また、重症のケースや高齢者にも積極的な治療を行うので、治療成績も向上しています。

また、脳ドックで見つかる未破裂の状態の脳動脈瘤に対しては、患者さんと相談をしっかりと行った上で、手術を受けるかどうかを決定します。

高血圧性脳出血の場合は、命の危険、予後を考え、血腫除去術、または、定位的血腫除去術を行ないます。

重症頭部外傷には、手術後に大田原赤十字病院では低体温療法も行える設備を有しているので適切な治療が受けられます。

また、脳腫瘍に対しては、基本的には全摘による根治を目指していますが、神経脱落の症状が出ないように重視した上での治療を進めて行きます。

そして、頭蓋底腫瘍にも、積極的な手術を行います。
悪性脳腫瘍には、手術だけではなく、大田原赤十字病院で可能な放射線治療、化学療法、免疫療法を様々な組み合わせにより総合的な治療を行っています。

このような治療を受けられるですが、大田原赤十字病院では、現在の時点では3人の常勤が診療を行いますが、それ以外でも非常勤の医師の診療も受けられます。
午後の診察時間では、てんかん、血管内治療に特化した診察も受けられるようになっています。