整形外科について

大田原赤十字病院(現、那須赤十字病院)は栃木県北最大の基幹病院として、地域のニーズに応えられる病院を目指しています。大田原赤十字病院は3次救急センターを有しており、各診療科がありますが、その中の整形外科について紹介します。
1 外傷
地域の特性として開放骨折や手指切断が多く、重症外傷に対応しています。腱損傷や神経血管損傷の修復のため、手外科医が常駐しマイクロサージャリーも施行しています。また、手術加療後の偽関節や骨髄炎、変形治療に対する2次治療も行っています。
2 手外科
手の外傷だけでなく、神経障害・腱鞘炎・手や肘の拘縮や変形・腫瘍など慢性疾患にも対応しています。
3 肩関節外科
肩関節とその周囲を扱います。肩疾患を専門に扱う医師がレントゲンやMRI、超音波検査を用いて肩疾患の早期診断を行います。肩の関節鏡手術や人工関節による治療を行っています。
4 下肢外科
加齢とともに関節が変形する変形性股関節症や変形性膝関節症に対して積極的に手術加療を行います。スポーツ外傷に対して関節鏡手術を行い、早期の社会復帰やスポーツ復帰を可能にしています。
5 脊椎疾患
腰椎や頸椎由来の疾患に対して薬物やブロック治療によって保存療法を行い、それでも効果がなく日常生活に支障があるときは手術を行っています。
6 整形外科関連漢方医学
脊椎疾患や四肢疾患に対して積極的に漢方薬を使用しています。慢性的な疼痛の悪循環がある場合、わずかでも症状が改善することで全体像が好転することがあるため、症状に合わせた処方をしています。
7 腫瘍
アテロームや脂肪腫などの軟部腫瘍、内軟骨腫や類骨骨腫などの良性腫瘍を中心に治療を行います。治療は数日入院しつた全身麻酔を使用して行う場合と、局所麻酔による日帰り治療も行っています。
整形外科と一口で言っても扱う範囲は多岐にわたります。大田原赤十字病院は手や肩の専門医を配置し、より高度で専門的な整形外科の治療を受けることができます。大田原赤十字病院は、地域に根ざし、ともに歩み、心ふれあう病院に、をモットーによりよい医療を提供しています。