耳鼻咽喉科について

大田原赤十字病院は、地域の中核病院としての機能を持っています。
耳鼻咽喉科では、入院治療が必要な手術患者、悪性腫瘍患者などの治療を主に行っています。

平成23年度から日本耳鼻咽喉科学会研修指定病院にも認定を受けています。
平成27年4月から常勤医1人、非常勤医8人体制に変わっています。
大きな手術が必要な場合や悪性腫瘍の方など、大田原赤十字病院では対応が困難な場合は関連病院へ紹介を行ってくれます。

特に、声の質を改善する音声外科手術、頭頚部悪性腫瘍に対する治療が行われており、院内の関連性のある診療科と連携しながらの治療を行っています。

現在では、全身麻酔下手術は、火曜午後と水曜午前を主として行っています。
また、局所麻酔下の手術は月曜午後に行うようにしています。

鼻や扁桃の一般的な手術などを始め、最近は頭頸部腫瘍、声の質を改善する音声外科手術など手術の症例も増加しています。

大田原赤十字病院の耳鼻咽喉科の外来は、基本的に月曜日、火曜日、木曜日、土曜日です。
水曜日は午前に手術が行われるので、午後に紹介状を持参した方や予約のある方のみ診療を行います。

また、火曜日、木曜日、金曜日は、医師は交代制で予約のみを診療すようになっています。
初診に対応しているのは、午前中の診療日ですので、注意をしておいてください。
交代制になっている時間帯では、非常勤の医師が交代で診療を行っています。

そして、水曜日と木曜日の午後に補聴器外来を予約制で開設しているので診療してもらえます。
補聴器業者と医師とがしっかりとした連携を取ってくれた上で、補聴器の調整を行っているので聴こえの悩みがある方にはお勧めです。

大田原赤十字病院では、紹介状を持っている患者や予約患者を優先するシステムになっているので、曜日や混み具合によっては、待ち時間が長くなってしまう場合があることを把握しておく必要があります。