外来について

昭和24年に開院した大田原赤十字病院は、建物の老朽化や施設が耐震化されていないなどの理由から、大田原赤十字病院は平成24年に新しく生まれ変わって、那須赤十字病院と名前を変えて診療を開始しています。大田原赤十字病院から、建物と名前を変えた那須赤十字病院は地上10階まである建物になり、免震構造を有しておりますので、震度7以上クラスの大きな地震が発生しても耐える構造にあるといいます。

大田原赤十字病院から、新しく生まれ変わった那須赤十字病院の1階には、外来の内科や外科、呼吸器外科や心臓血管外科、整形外科や脳神経外科、小児科などの診察室があります。2階には、泌尿器科や歯科口腔外科、産科と婦人科、耳鼻咽喉科や眼科、形成外科や皮膚科などの外来診察室があります。これらの他にも、禁煙やストーマ外来なども設けられていますので、それぞれにお悩みのある方は、診療を受けられてはいかがでしょう。

月曜日から金曜日までと、第1と第3土曜日の診療受付時間は、午前の8:00~11:30までとなっています。これらの診察受付時間は、診療科や曜日によって例外もありますので、注意されるのがいいでしょう。休診日は、第2と第4と第5の土曜日、日曜日と祝祭日となっています。12月29日から1月3日までの年末年始や、太田原赤十字病院が創立されました7月1日の創立記念日にあたる日なども、休診日となっています。

外来診療は、原則として予約を取られた患者さんや、かかりつけ医などからの紹介がある患者さんが、優先となって診察が行われています。診察を受けられる際には、紹介状や保険証、高齢者や公費負担等の各種受給者証などを持参しましょう。再診の方は、診察券を忘れずに持っていきましょう。こちらでは、受診のための受付の際には、毎回保険証の確認が行われますので提示する必要があります。診療受付時間を守って、保険証や診察券を忘れずに持参して医師の診察を受けましょう。

「外来について」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントは停止中です。